だいばーしてぃ北千住

こんにちは。ヤノです。

最近なんやかや考えるのは、
何かを賛美することは、反対の何かを貶めることになっちゃうのか?
ということです。
理屈ではもちろん、そんな訳はないんですけど、
にもかかわらず2つがイコールにみえることがあるのが
興味深いというか。

それって価値観が限定されてて2元論になっちゃうことが原因なのかなって思います。
ヘンな例ですが、
「荷物が少ないと女子力高くて素敵」という価値観がありますね。
それを達成していたりそのために努力する人は、その価値観によって賞賛されますね。
もちろんそれはいいのです。かばん膨らむ一方のヤノの憧れです!
でも少なくない場合、なぜかセットで「持ち歩くカバンがでかいこと」は悪いことやバカにしていいことだ、というような圧力が生まれることがありますね。

逆に「身軽で素敵ね」と言っただけで
「重いカバンをディスってる」と捉えられたり…

これって他の人にも適用しないといけない価値観?って
確認が必要なのかもですね。

法に触れているとか、完全に他人の迷惑なこととか以外は、
自分と違う価値観に寛容でありたいなあと思います。
自分もある程度寛容にしてほしいし笑
それも意外とむずかしいもので…
自分の事以外は何でもいいよ~ていう、適当なだけの人になりかねなかったり(・∀・)/
「今はダイバーシティの時代」ってよくいわれるらしいです。
ざっくり価値観の多様性ていう意味だと思うんですが、

以前お客さんが、
「Coffee And Talesはスタッフの嗜好も向かうところもバラバラだし
お客さんが来る目的もそれぞれだけど、
それぞれが好きなことやりながらも、店としてケンカしてなくて、
それが心地いいしなんか面白い」

みたいなことをおっしゃってくれたことがあります。
まさにDiversityな時代の申し子Coffee And Tales!!
いろんな考えの人がいるって楽しいですよね。

つまり言いたかったのは、
腐女子のゆかりんが好きな「おそ松さん」だけど
別に腐女子じゃなくても楽しめるんですよ!
っていうことです。

なんか違いますかね。
どうか寛容におねがいします。

Coffee And Talesでお待ちしております。

DSC_1380

*ギャラリー展示中*
作家さんのご案内*

↓ぜひ読んで欲しいブログ記事↓

イベントの申し込み、お問い合わせ
Tagged as:
葉っぱカフェの新着情報 配信中
mixi facebook twitter Google+